移転価格

移転価格とは、関係する事業者がその間で発生した取引に対して設定した価格を意味し、最近では、IRSとCCRA(カナダの国税庁)の双方が注目し始めています。振替価格操作は以下の4タイプの取引のいかなる組み合わせにおいても発生します。

  • 原材料中途加工製品および完成品の対価として関連する事業者に請求される価格
  • 地底財産の対価として関連する事業者に請求されるロイヤルティー
  • 経理、法務、マーケティングあるいはマネージメント等のサービスの対価として、関連する事業者に請求されるサービス費用
  • 関連する事業者に請求される利息

国税収入局規約には、関連する事業者が独立第三者規則に基づいた移転価格、つまり関連していない事業者も納得できる価格、を決定する旨定める規定が含まれています。 移転価格の規定と慣例は 関連事業者の取引から生じる税金の課税地を収入の発生箇所とするように規定しています。

幸いな事に、PIASCIKは国際的な顧客の支援を得意としており、しばしば複雑な用件であるセクション482を賢く解釈することが可能です。PIASCIKは振替価格操作ビジネスの顧客に対し、以下を提供いたします。

  • 生産ライン及び国状にあわせた振替価格操作のリスク分析
  • 振替価格操作の総括的な分析
  • 振替価格操作を支援する包括的な書類の作成
  • 潜在的なリスクエリアの識別
  • 事前価格確認
  • 査定
  • 税金プランニングおよび再構築