振替価格操作の落とし穴と回避法

内国税歳入局(IRS)に関連する国際税務情勢についての最近の傾向は明確です:価格が独立第三者規則に基づいて設定されていない場合、移転価格は彼らが収入を失う大きな理由となっています。IRSは損失を埋め合わせるために、IRSの移転価格規則に違反した企業に対し算定された税額の20から40%の罰金を科しています。

移転価格規則は企業が支店や関連企業にサービス、無形アイテム、あるいは商品の対価として支払う価格を規制しています。移転価格とは、関係する事業者がその間で発生した取引に対して設定した価格を意味します。国税収入局規約には、関連する事業者が独立第三者規則に基づいた移転価格、つまり関連していない事業者も納得できる価格、を決定する旨定める規定が含まれています。 移転価格の規定と慣例は 関連事業者の取引から生じる税金の課税地を収入の発生箇所とするように規定しています。

国際ビジネスに携わる多くの人々が移転価格問題はアメリカ国内に支社を持つ外国企業にのみ影響すると考えています。加えて、多くの人々はアメリカ企業が外国で移転価格問題に関わることはないと信じています。これらの考え方は常に正しいわけではないとPIASCIKはお伝えしたいと思います。日本やメキシコのような多くの国々では、アメリカ国内の支社に対するIRSの厳しい監督に対する報復措置ともいえる措置を取っています。つまり、海外に拠点をもつアメリカ企業は地球上のどこにおいても自らの移転価格ポリシーへの攻撃に対し備える必要があります。

企業が振替価格操作の落とし穴から身を守る方法はいくつかあります。PIASCIKは周到な準備こそがIRSの罰金を防ぐ最良の策だと考えています。移転価格スタディは企業が価格ポリシーを保護するのに役立つ保険のようなものです。PIASCIKによると、国際的な企業は非常に明確な移転価格ガイドラインを導入し、来るべきIRSの監査に備えておく必要があります。

PIASCIKは効果的で防御的な方法を用いて、移転価格問題に直面している顧客に対し最適なサービスが可能であると信じています。“ビッグ4”出身の国際税務のプロからなるチームは、顧客が現存の書類を見直す手伝いをし、特定の書類全て(特にIRSから要求されている書類)を周到に準備し、顧客企業が用いている価格決定方法を支援するものとなるように援助します。最も重要な事ですが、チームは用いられている価格決定方法の経済的な分析を提供します。

内国税歳入局の大規模・中規模企業部門の検査官である、Larry Langtonが発した公式指示は、移転価格書類および罰金に関するいくつかのプロセスの包括的な導入を強調しています。IRSの現場検査官は現在移転価格規則をより積極的に施行するように指導されています。この国家的な方向性は移転価格罰則が正当な理由があれば課されること、かつ書類が規則で要求されている事項を満たしていないなど、移転価格にずれがあった場合、罰金が科されることを明確にしています。PIASCIKは事業主に対し明確かつ正確な書類の準備を助言しています。